ライフビジョンLifevision 繋げる。結ぶ。地域を元気にする。誰でも、
簡単、確実。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせは 平日10:00~17:00
0566-55-0178

香川県 直島町

香川県 直島町

全世帯にタブレットを配布。
ICTを活用した防災情報配信の先駆けに。

香川県 直島町

導入者

香川県直島町

機能特徴

防災無線・Jアラート連携

導入背景

オフトーク通信サービス終了に伴い、
防災・減災の強化につながる新たな情報配信システムを導入したいと考えた。

課題

従来活用していた音声放送では、「聞き逃し」や「役場に問合せないとよくわからない」という事態が発生。その結果、町民からの問合せ対応に職員が追われ、注力すべき災害対策に必要な人員が割けないことがあった。

導入者の声

万一に備えて、高齢者も含めた
全島民が、適時適切な行動がとれる
体制を実現。

ライフビジョンを選定した理由は、大きく3つあります。
一つは、『音声、文字、画像情報も配信できること』。風向きや降雨時に「聞きとりにくい」「聞き逃した」という問題を解消し、何度でも、いつでも情報を確認できることが大きな魅力だと感じました。
二つ目は、『防災情報やJアラートとの連携機能』。自動連携できれば、職員の所在に関係なく放送できる。そうした体制づくりが今後重要になると考えました。 三つ目は、『機能の拡張性』。島民生活にとって欠かせない情報や、行政が抱える課題解決につながる機能を組み合わせることができる上、将来的に、柔軟に機能を追加できることに大きな可能性を感じました。

中野  崇

直島町総務課 係長

中野 崇

2014年に導入してからさまざまな効果を実感しています。中でも一番期待を上回っていたのは、しっかりと情報配信と受取ができる環境を用意したことで、自分の居住地にどのような災害のリスクがあり、どんなときに、どんな避難行動をとるべきか、周知徹底できたことです。以前よりも島民の防災意識が高まったことが、導入の大きな効果だと思います。また、他の自治体担当者の方から、「高齢者がタブレット端末を使いこなせているのか」という質問を受けることも多くありますが、実際のところ、高齢者の方に使っていただいています。まったく心配いりませんでした。

ユーザーの声

「ライフビジョン」が導入され、
安心&便利になったことは
たくさんある。

台風や大雨のときはもちろんですが、普段から、端末の中にある「ハザードマップ」を見て、島のどこが浸水しやすいのか、どこか土砂崩れが起こりやすいか、どこに逃げればいいのかを確認できるため、安心が高まりました。
「防災警報」や「食中毒警報」も音声と文字の両方で確認できるため、分かりやすくなりました。緊急の情報は、最大音量で鳴るので、聞き漏らすこともありません。

また以前は、フェリーの欠航や臨時便などの放送が始まると紙と鉛筆もってきて書き留めていました。雨音などのせいで聞き取れなかったときは、役場や船会社に電話するのですが、皆が同時にかけるから電話がつながらないこともありました。でも今は、その日、そのときの「フェリー運行情報」をいつでも端末で確認できるので、本当に便利になりました。

M

直島町在中

S

M
まずはお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
INDEXに戻る
ライフビジョンLifevision 繋げる。結ぶ。地域を元気にする。誰でも、
簡単、確実。

Copyright © DENSO CORPORATION. All rights reserved.