ライフビジョンLifevision 繋げる。結ぶ。地域を元気にする。誰でも、
簡単、確実。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせは 平日10:00~17:00
0566-55-0178

熊本県 菊池市

熊本県 菊池市

熊本県 菊池市

導入者

熊本県菊池市

機能特徴

・緊急時のモード切替
・属性にあわせた画面表示
・双方向通信機能

導入背景

熊本地震の際、情報伝達の大切さを身をもって痛感。日常時だけでなく、災害時にも迅速・正確に情報伝達ができるツールを整備したかった。

課題

情報弱者(高齢者・聴覚障がい者・外国人)への情報配信ツールの整備と、複数ある情報媒体への円滑な配信。また、災害時を想定した際の双方向の情報共有と情報の見える化の実現。

導入者の声

有事の際に即戦力となるシステムが必要でした

ライフビジョンの導入に至ったきっかけは、本市も甚大な被害を受けた熊本地震でした。
地震後開設した避難所との個別の電話連絡や、災害対策本部に参集し繰り返し行われた会議のために多くの人員と時間を割き、これをICTで効率化できないかと考え、双方向による情報伝達を得意とするライフビジョンの導入を決めました。

システムの特徴は、大きく2つあります。
まず1つ目に、主要な箇所にタブレット端末を配備し、「リアルタイムで一斉に相互コミュニケーションができる体制を構築したこと」です。システムは、文字・音声情報だけでなく、画像を使ったテレビ電話機能も備え、遠隔会議も可能になり、業務効率が格段に向上しました。シンプルで分かりやすいインターフェースなので、職員がすぐに使い始めることができたのも大きかったですね。

野中英樹

菊池市教育委員会 生涯学習課 社会教育係

係長 野中英樹

2つ目は、ライフビジョンのシステムを利用して、「複数ある情報媒体の入力の一元化」を行ったことです。本市では、複数のメディアで防災情報を発信しており、それぞれ入力システムが異なるため、同じような情報をメディアの数だけ入力する必要があり効率が悪かったんです。この改善にもライフビジョンが役立ちました。一度に複数のメディアで発信することを可能にしたことで、職員の負担とミスの削減に成功しました。
発災当時は、ライフビジョンを導入したおかげで、効率的かつ効果的に防災業務を進めることができました。

運用者の声

災害に強いまちづくりを目指して

現在は、758台のタブレットとスマートフォンアプリを整備し、属性別の画面構成と配信リストを整え、それぞれの利用者ごとに必要な情報を提供しています。

特に、区長用のタブレットでは、防災面で災害情報入力機能と写真投稿機能をつけており、市役所と区長の相互間の情報共有に役立てています。この機能により、各地区の被害状況を一覧で確認、現場駆けつけ前に大まかな被害状況の把握を可能とし、以前に比べスムーズな災害対応を行う事が出来ています。

区長用タブレット

どこで何がおこるかわからない災害に備え、災害の危険性を住民の方に迅速に正確に伝え、被害の状況を相互に共有できるように整備しておくことは、ますます重要になっていくと思います。
今後も利用者を増やす事を第一に考え、災害情報はもちろん平常時の行政情報を充実させ様々な利用者の希望にあわせた情報配信を行っていくとともに、災害に強いまちづくりを目指します。

川島健一

菊池市 防災交通課 消防交通係

係長 川島健一

まずはお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
INDEXに戻る
ライフビジョンLifevision 繋げる。結ぶ。地域を元気にする。誰でも、
簡単、確実。

Copyright © DENSO CORPORATION. All rights reserved.